ドミニカについて

  1. 1
    場所

    ドミニカは、カリブ列島の中心、フランス領のグアドループ島とマルチニーク島に位置します。山、川、滝が特徴の起伏の多い島です。他のカリブ諸島よりも自然の美しさを維持するために管理してきました。ドミニカには世界で2番目に大きい温泉湖があります。298平方マイル(751平方キロメートル)で、英語圏のカリブ地域では4番目に大きな島です。一番長さのある所は29マイル、一番幅のある所は16マイルです。人口は71,727人(2000年人口調査)、大部分はアフリカ系です。白人と中国人の人口も増えてきています。ドミニカはカリブ地域では最後のカリブ族が住む場所でもあります。 ドミニカには中心となる都市が2つあります – 首都のロゾーと第二の町のポーツマスです。ロゾーは行政と商業の中心都市で人口は2万人です。眺望のよいポーツマスの人口は5千人です。この中で、オフショアの医学学校である、ロス医学大学の学生と職員(主にアメリカ人)は1,000人です。

  2. 2
    歴史

    Carib_Basketsドミニカは1493年にクリストファー・コロンブスにより発見されましたが、初期の植民地の歴史のほとんどはイギリスとフランスとの間で行き来されていました。1776年、ついにフランスはイギリスに屈しましたが、主にほとんどの島民が話すフランスのクレオール語、カトリック教会、そして多数の場所の名前を通じ、その影響力はまだ強いままです。 ドミニカは1978年に独立し、イギリス連邦のメンバーです。国連、米州機構(OAS)、カリブ共同体のメンバーでもあります。

  3. 3
    政治体制

    ドミニカは1950年代以降、普通選挙に恵まれた民主主義国です。ウエストミンスター政治モデルに従っています。選挙は、21名の議員を選出するために5年毎に行われます。9名の上院議員はその後任命され、一院制の立法府で一緒に一員となります。首長は、上院議員により選出される大統領で、任期は5年です。役割は主に儀式的なことです。現在の大臣は、2004年以上任期を務めているルーズベルト・スカーリット首相で 、大統領は2003年に選出されたニコラス・リバプール大統領です。

    ドミニカには3つの主な政党があります。統一労働者党、ドミニカ自由党、ドミニカ労働党です。 現在の政党は労働党です。

  4. 4
    裁判システム

    ドミニカはロンドンの枢密院司法委員会 として最高裁判所での独立した司法制度に恵まれています。司法組織の一番下は軽い民事、刑事事件を取り扱う軽罪裁判所です。それから重罪の民事、刑事事件を扱う高等裁判所があります。高等裁判所、軽罪裁判所の両方からの上訴には上訴裁判所へ行きます。ドミニカでは東カリブ諸国機構の他のメンバーと上訴裁判所を共有しています。その裁判所は、年に2、3度、各島で開廷する巡回裁判所です。東カリブ諸国上訴裁判所からの上訴は枢密院司法委員会へ行きます。

    ドミニカにはイギリスの慣習法制度があり、成文法のほとんどはイギリスの慣例を基盤にしています。開業している弁護士が50人ほどいます。

  5. 5
    経済

    ドミニカの経済は、主要な輸出品であるバナナ農業が伝統的に基盤となっています。ドミニカのバナナに対する伝統的な市場は他のウィンドワード諸島に加え輸出をしているイギリスで、優遇措置に恵まれています。しかし最近ではドミニカの優遇措置と、その他のアフリカカリブ太平洋諸国連合優遇措置(ACP)のバナナが非難にさらされ、世界貿易機構(WTO)で不利な決定の対象となりました。この出来事は伝統的な形態であるバナナ産業の存続に大きな影を落としました。

    近年では、ドミニカでの最大の外国為替を稼ぐ業種として、観光業がバナナ産業を追い抜きました。しかし、農業は国最大の雇用分野のままです。

  6. 6
    テレコミュニケーションシステム

    ドミニカには最新のテレコミュニケーションシステムがあります。実際、世界初で完全なデジタルシステムを設置した国としてギネスブックの世界記録を保持しています。テレコミュニケーション・プロバイダーはCable & Wireless (ドミニカ) Ltd.、 Digicel and Marpin Telecoms とBroadcasting Ltd. があります。これらの企業は、事業設立の促進し、インターネットゲーム、データ処理操作、その他のことも喜んでお手伝い致します。